本文へスキップ

高血圧 放置 どうなる

高血圧を下げる運動とは?


高血圧には有酸素運動が大切

高血圧には運動が大切といわれますが、どんな運動でも良いのではありません。

また、重度の高血圧では運動をしない方が良い場合もあります。

心配な方は、担当医に相談のうえ運動をした方がよいでしょう。

高血圧を下げる運動に推奨されているのは、ウォーキング、軽いジョギング、エアロビクス、ゆっくりした水泳、ゆっくりとしたサイクリングなどの有酸素運動運動です。

このような酸素を多く取り入れる運動を、長期間繰り返し続けることで血圧を下げる働きが生まれます。

また、運動はできるだけ毎日行い、1日の運動時間は、30分〜60分を目安にするとよいでしょう。



運動が出来ない人はどうする?

運動で血圧を下げるためには、長期間運動を繰り返すことが不可欠です。

例えば、あなたが、1週間に1回だけドカンとまとめて運動しても、効果は期待できないと考えた方がよいでしょう。

なのでできる限り毎日運動は続けることが大切になってきます。

しかし、毎日運動するのはちょっと無理という人もおられるでしょう。

では、毎日運動できない人は高血圧の改善をあきらめないといけないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

わたしのおすすめは「ごぼう茶」です。

ごぼう茶。そうです。細くて黒いごぼう。根菜のごぼうです。

ごぼうには、サポニンという成分が含まれており高血圧に非常に効果が期待されています。

テレビによく出る南雲先生(医師)がおられますが、この方はごぼう茶を飲み始めてかなり若返ったそうです。

ごぼうには高血圧の予防だけではなく調整作用、むくみの改善、冷え症の改善などあらゆる効果が期待できますので、運動が毎日できない人は、普段の飲み物をごぼう茶に変えてみるとよいでしょう。


バナースペース